タイ古式マッサージの特徴

2500年の歴史があり、世界で一番気持ちいいマッサージと言われ、マッサージを受けていながら、同時にヨガをしている効果があると言われる、【タイ古式マッサージ]

 

【タイ古式マッサージの特徴】

 

タイ古式マッサージは凝りをほぐすだけでなく、全身の血行を上げて細胞ひとつひとつにまで酸素や栄養を運び、本来の体調を取り戻すことですべての人が本来持っている自然治癒力を回復させ、健康的な精神と肉体を取り戻すという施術法です。いわゆるクイックマッサージのように短時間で部分的な凝りをほぐすのではなく、ゆったりと時間をかけて全身を施術します。

人体は宇宙エネルギー(土・水・風・火)の影響を常に受け続けており、それはセンと呼ばれる人体に流れるエネルギーラインを通して相対関係にあるため、常にそのバランスを保ちながら肉体や精神を維持していると考えています。呼吸することで吸収される空気、食事をすることで得られる食べ物は体内に入ったり、センを通り全身に供給されます。すなわち、それぞれに対応したセンをマッサージにより正しく刺激することにより、センの周辺に集中する神経や血管を刺激し、リンパ球の活性と増加、血行の改善と促進、身体の痛みの緩和、人間が本来持つ自然治癒力の復元、免疫力を高めるなどの効果を期待するものであるとされています。センは眼には見えませんが、体中に網目状に張り巡らされておりその数は7200本にも及びます。そのうち特に重要とされるセンが10本あるのですが、うち6本が足のつま先から足首にかけてあることもありタイ古式マッサージでは足というものに大変重きをおいて施術がされます。オーソドックスな全身施術で2時間ほどかかることもあり、足だけをマッサージするフットマッサージも大変需要があります。

また、タイ古式マッサージの手法は指圧、整体、矯正、ストレッチングなどのバリエーションを持ち、特にストレッチングの手法の豊富さでは他のマッサージに類を見ないものとなっています。チェンマイのワット・スアンドークを中心とした北のエリアの手法とに分けられます。非常に簡単な説明ですが、南のエリア(バンコク式)では指圧に見られるような「つぼ押し」手法が多く、北のエリア(チェンマイ式)ではストレッチによって「筋をひっぱる」手法が多く見られます。

タイ古式マッサージが、足に重点が置かれているのは、「セン」(見えざる生命のエネルギーライン)の主軸が集中しているためだと言われています。足は「第二の心臓」と言われ、自律神経など全身をコントロールする神経が集中しています。自律神経は血液や各内臓、ホルモンの調整、免疫を調整する大事な神経です。手や足は自分の意思で動かしますが、内臓は自分の意志では動かせません。ですから自分の意思で動かせない、内臓やホルモンバランスなど自律神経が旨く働いてくれないと、体内の各臓器のどこかに支障が出ます。自分の意思で動かせない自律神経を唯一動かす事の出来るセンサーが足に多く有るわけです。そのセンサーに触れると、脳から指令を出された自律神経はバランスよく働き始め、各臓器やホルモン、免疫や細胞に指令を出してくれるのです。このセンサーは「痛気持ちいい」場所にあり、痛すぎると脳は拒否してはね返します。弱すぎるとスルーされます。ここでタイ古式のカギとも言える、深い圧がセンサーを直撃してくれます。受けての呼吸と合わせた「深く」「ゆっくり」を指導する意味はここに有るわけです。間違ってはいけないのは、「深い」と「強い」は違うと云う事です。加えた圧が一呼吸ごとにゆっくりと体に沈んでいくことが大切なのです。途中で脳に見つかれば、警戒され、筋肉に指令を出され硬くなり深く入らなくなるのです。

 

 

 

【タイ古式マッサージの特徴2】

[腿四頭筋(大腿直筋 外側広筋 内側広筋 中間広筋)は自律神経のセンサー】

 

タイ古式マッサージでは、この大腿四頭筋はよくバタフライという技法で通ります。マッサージの早い段階からのアプローチでも途中でも、片足の最後の締め、両足の終了前も大腿四頭筋へのバタフライが入ります。この筋肉の頂上にそけい部があり、手のひらで動脈の血止め2~30秒 パートプラテートロム(風の門を開く)と言い、一度血液を止め一気に流すことで血液やリンパ液の循環、新鮮な酸素や栄養を送りだします。手のひらだけではなく、肘から下の腕を長く使ってそけい部全体の血止めを5秒程しますので、初めて受けられる方は少し驚かれるかもしれません。

もうひとつ、臨床実験で医科学的に立証された事は、NHKの番組で「タイの伝統マッサージが足にこだわるわけ」と云う番組を放送しました。内容は足と肩と同時間の30分マッサージした場合の体内変化を比較するものです。足裏~ソケイ部の足付け根までのマッサージをした方は、足と更には上半身全体の温度が上昇し、血圧も正常値に落ち着いた結果が出ました。一方肩のマッサージは、肩周りの温度が上昇しただけで、他に大きな変化は見られなかったという結果でした。
確かにタイ古式のベーシックの授業では(バンコク式)、肩もみは2時間の通しのマッサージでも、余り時間をかけません。しかし肩コリのひどい人に、肩モミが少ないのは「物たら無すぎる」と言われるでしょう。ご安心ください。日本人向けに肩首や腰もしっかりほぐしを入れる手順に改良しております。

 

更にタイ古式についてやタイ伝統医学、薬用植物療法(ハ―バルボール)仏教、タイ国について興味をもたれた方は、ウエブに詳しく書いておられる方が沢山おられますので廻って見て下さい。


ご予約お問い合わせは

070-4133-9905